「アウレア倶楽部」は、これまで まめ倶楽部(一般社団法人地域社会福祉サービス支援機構)が一宮市で挑戦してきたシニアの社会参加促進モデルの社会実装を目指す倶楽部活動の呼称です

現在、2025年問題の鍵となる後期高齢者のウェルビーイングをテーマに「幸田アウレア倶楽部(於:幸田町老人福祉センター)」と「岡崎アウレア微助人倶楽部(於:岡崎げんき館)」が初動しました。

岡崎アウレア微助人(ビスケット)倶楽部では、一宮市における まめ倶楽部の活動をベースに、スポーツスタッキングとドローンそしてモルックを組み合わせた次世代型の まちあそび第一号「CRASH(クラッシュ)」を考案しました。
子どもさんからシニアまでの多世代が楽しめる ”あそびの創造” を通して、その気になれば誰もが出来る「小さな助けっ人集団」を目指しています。

「ありがとう!(感謝)」&「ありのまま!(承認)」、そして「なんとかなる!(楽観)」&「やってみよう!(挑戦)」を愛言葉に心の若さを保ち続け、幸せ探しの旅を歩み続けたいものです。