MENU

合同スポーツスタッキング大会

スタッキング大会ボタン

一宮市中心市街地4連区(人口38千人)の皆さんと共にシニアによる第一回合同スポーツスタッキング大会を全国に先駆け開催(令和4年)しました。
タイムを競う一方で和気あいあいとした雰囲気の中、隣り町の方同士が触れ合える交流づくりの場としても楽しまれており、翌年3月には市外の活動団体さんにも加わって頂き第二回大会を催行しました。(一宮)

詳しくはこちら

イベント情報

イベント情報

これまで一部地域限定の各種イベント情報を掲載してましたが、2024年1月からはコミュニティスポーツを中心に県下各地の各種イベント情報を発信させて頂いております。
今後は、各地の諸活動団体様とのよこ連携により次世代につなぐ光輝幸齢者による健幸情報プラットフォームの形成を目指しています。(一宮、岡崎、幸田、西尾、大高)

詳しくはこちら

まちあそび

36

お子さんからシニアまで多世代の皆さんが一緒に楽しめ、先ずは小さく集い 先の広がりも期待できる モルック、スポーツスタッキング、トイドローン等をご紹介させていただいてます。
何れも左右の手指を使うマルチタスクトレーニングに通じた遊びで、シニアの皆さんには楽しみながら介護および認知症予防の効果が期待されています。
(一宮、岡崎、幸田、西尾)

詳しくはこちら

スタック倶楽部

スタック俱楽部

人生は正に一日一日の積み重ねです。スタックとは積み重ねを意味します。
スタック倶楽部は、「もう歳だから無理!出来ない!」から、「なんとかなる!やってみよう!」の精神で皆と一緒にスタックにチャレンジする、光り輝く倶楽部活動を目指してます。
脳の老化は諦めから、全ての病は億劫から始まります。一緒に輝こうではありませんか。
現在、シニアの倶楽部活動としては全国的にも珍しいスポーツスタッキンングを初めとして、地域の子どもさんと一緒に楽しめるニュースポーツに挑戦中です。(一宮)

詳しくはこちら

岡崎アウレア微助人倶楽部

岡崎アウレア微助人

岡崎市保健所が入所する市民の健康づくりを目的とした岡崎げんき館を活動拠点として、第二・第四金曜日の月二回はモルックを、月一回は館内多目的室にてスポーツスタッキング&ドローンゲーム(CRASH10&55)定例開催しています。
一宮のスタック倶楽部さん、リボーン倶楽部さんとは兄弟関係にあり、シニアの社会参加と地域のウェルビーイングを目的とした活動をスタートしました。(岡崎)

詳しくはこちら

幸田アウレア倶楽部

幸田アウレア

幸田町生涯現役推進協議会さんからの委託を受け、ウェルビーイングなまちづくりに向けた健幸シニアのプラットフォーム(LINE公式アカウント)の立ち上げに参画させて頂いてます。
現在、コミュニティスポーツ体験の場から、地域包括支援センターさんと連携しつつ老人会さんや地域コーディネーターさんと共に、参加する皆さんの「やりがい」と「つながり」の創出にもつながる”多世代参加型の通いの場”を目指しています。(幸田)

詳しくはこちら

リボーン倶楽部

リボーン倶楽部1

リボーン倶楽部は、タンスに眠っている様々な衣料に新しい生命を吹き込み、生まれ変った作品を紹介するコーナーです。
一宮市貴船公民館では、ネクタイ、洋服、着物等を持ち寄りワイワイガヤガヤ、みんなが先生や生徒となって誰でも楽しくご参加頂けます。
繊維の街一宮ならではの地域に根差したSDGs活動ですが、各地で先発されてる活動団体さんとも連携し地域を超えた更なる広がりを目指してます。(一宮)

詳しくはこちら

よもやま写真館

よもやま写真館

皆さんから寄せられた日常のちょっとした出来事、旅行先の景色、庭に咲いた花々、DIYの作品など、なんでも投稿出来るみんなの写真館です。お楽しみください。

詳しくはこちら

切り絵の世界

切り絵の世界

yota老さんから日々投稿いただいてる似顔絵やメルヘンの世界など、いろいろなパターンの切り絵をアップさせて頂いてます。素晴らしい作品をお楽しみ下さい。

詳しくはこちら

LINE公式アカウント

5671f485df3d429b23ff583f1bd98c4b

まめ倶楽部のLINE公式アカウントに友だち登録されると、お手持ちのスマホからお楽しみ劇場や健幸に関する保健室のショート動画、よもやま写真館、切り絵の世界、リボーン倶楽部等々、多様なお楽しみ情報を視聴できます。
地域に特化したアウレア倶楽部のLINE公式アカウント(岡崎アウレア微助人倶楽部、幸田アウレア倶楽部)とは兄弟関係にあります。

詳しくはこちら

コミプラ友(まめ倶楽部の足跡1)

コミプラゆう1

”コミプラ友”を拠点に「まめ倶楽部」を発足しました。
その後"すまいる友”に居を移し周辺4連区(7公民館)へ出前活動。
愛知県のモデル事業を受託し、令和5年度高齢社会白書(内閣府発刊)に掲載されました。
現在、次世代にも通じる光輝幸齢者による後期高齢者の為のプラットフォーム形成に挑戦中です

詳しくはこちら

すまいる友(まめ倶楽部の足跡2)

すまいる友

これまで微力ながら地域づくりに参画されている皆さんの為の ”医療・介護と連携した健幸づくり情報発信基地” としてその役割を担って来ました。
急激に進展するデジタル化の流れの中 来年発足10年を迎えるにあたり、人生百年時代に相応しいシニアの健幸づくりに挑戦する為、敢えて居(有形)に拘らない事としました。

詳しくはこちら